スマホから雑な投稿 一覧

主に通勤時などの空き時間にスマホから投稿されるつぶやきみたいなもの

中古CPU買ったらピン曲がり、に思う

Amazonさんで中古CPUを購入したところ複数のピンが曲がった状態で届きました。
案の定、ノートPCのソケットにはどうにも挿すことができず、返品手続きとならざるを得ない状況に。

推測でしかないが、おそらく出荷時には動く状態だったのだと思われる。
問題はペラッペラの梱包。CPUのピンが薄いスポンジに刺してあるのは許せるとして、それが静電気防止袋に入ってるだけの状態でフツーの紙封筒に入ってた。
これではほかの荷物に挟まれたりすると荷重がピンまでいってしまうわ~。

私、中古のPCパーツは過去に何度も購入してて、こういう買い物は割と慣れてはいる。
ほかの販売店だと中古だからこそ輸送事故起きないように緩衝材一体型袋とかプチプチシートぐるぐる巻きとか配慮されてるのも見てきてるのだわ。
以前に内蔵Bluetoothユニット購入して初期不良だったときは、梱包がしっかりしていたのでお店の落ち度なんて特に感じなかったし怒りもしませんでした。

今回のCPUは実際の原因は不明なものの、お店の過失は明白。
出荷前にピンが曲がっていたなら店のチェックミスだし、輸送中に破損したとしたら梱包ミスだよ。
これは、もう怒る。
怒りのあまり、CPUの購入を取りやめるという選択肢は当面考えないことにしてPCはバラしたままにしとく。

代わりに、代替機としてしばらくはAndoridのYoga Tablet2がバリバリ活躍することになるのだが、ブログの更新ぐらいなら快適にこなせてしまうので、メイン機が当面使えなくても支障は無さそうだ。

問題は、Photoshopが使えないぐらいかな。


それはそれはドラマティックな出来事

競合会社の新製品発表会の記事を読んでたら、うちの会社から転職した方が登壇してた。

そんなの業界ではよくある事ではあるのだが、まさかのビックリ展開。

ななんと発表内容の各パートを説明したプレゼンターが3パート続けて、合計3名うちの元社員だった事。

もちろん記事には前職について記載されてるわけもないので、一般読者は知る由もない。

いろんな意図が作用してることは想像に難くない。というか、こんな宣戦布告はもはやマンガストーリーの域ですらある。

もしマンガだとしたら実は手の込んだ二重スパイで転職組は汚れ役を被ったヒーローでした、ってところまでやってもらわねば伏線回収難しいゾ。


プロフェッショナル 仕事の流儀 10周年企画 岡村隆史の旅 を観たよ!

ヤフーに番宣記事が出てたので、気にはなってたこの企画。

とても面白かった。

最近はネガティブなニュアンスで使われることが多くなった「自分探し」ですが、今回の企画は前線で頑張ってる人がさらに一歩前進するための「もがき方探し」の旅としてみると、共感・示唆、その他諸々があった。

目先3日にベストを尽くし、それを10年、20年と続けていき、そのままベストに死ねれば言うことないね。


三連休を越えて

休みの日はファミリーファースト!

家族との時間を大切にするのが自分のルール。

そんな中で、自分の時間を確保するのは意識的に行わないといけない。

特に、ハイパーお元気な4歳児は活性状態に入ると23時過ぎでもコミュニケーションを図ってくるので、それを見越した動きが必要。

残業減らした平日と自分で時間をコントロールしやすい休日、両方をうまく使ってなにがしかの成果を上げるのが当面の目標。

何を為すべきか、常に迷う。


アマゾン クレジットカードに本格移行

これまで比較的ポイント還元率が高いJACCS系カードを使っていたものの、付与ポイント率引き下げの案内が来てしまったので、アマゾンのカードに移行しました。

移行してみて思ったのは、このカードをツタヤの会計時に出すのは、ほんのチョットだけ気がひける。 

自分は小市民だ ということを再認識する瞬間である。

まぁ、慣れますがね。


オマケコーナー

川島なお美さんが亡くなりました。

我々おっさん世代は「だん吉・なお美のオマケコーナー」で育った世代なので、とてもやりきれない思い。

自分の少年時代を投影できる人をなくすことは、自分が削られていく感覚がある。合掌。


安保法案に反対ない人の数

概ね1億2000万人いるってことで良いのかな。

ソースは反対でもの主催者発表数から総人口を引いた数


ROMってた

ここのところ、TOEICの団体受験の準備やら忙しいやらで、ブログも滞りがち。

腹筋はなんとか継続中。

今年も3/4が終わろうとしているが、何か成果をあげようと思うと、身体を労るぐらいしか残ってない。

身を削って、結果健康をゲットしたい。


Apple新製品、登場

いろいろ出ました。

でも、今使っているiPhone5sが素敵過ぎて買い替えを積極的に検討できない。

しいていうなら、iPad mini4 セルラー版とApple TVにちょっと興味がある程度。

そんなところでございます。


Google Play Musicを早速使ってみた

月々定額で聞き放題の音楽配信サービスが続々登場してるわけですが、個人的にベストと思われるサービスが始まった。

それは、Google Play Music !

今夏、聞き放題サービスの日本展開がバンバンバリバリ始まり、その度に無料期間中の使い勝手を試してきた。

LINE Music 、AWA、Apple Musicときてからの、Google Play Musicなのね。

比較ポイントはやはり聴きたい楽曲の豊富さなのだが、私の嗜好に会うのはAppleだった。

だがしかし、Googleさんが引っさげてきたサービスは自分の手持ちの楽曲を5万曲までアップロードできるロッカーサービスまでシームレスに使えるというもの。

ええ、やりましたとも。手持ちのALACで保存済みの7000曲、約200GBをアップしましたさ。

自分のコレクションと配信サービスの融合。なんだか、凄いことになってきた。

なんだか、もうこれで幸せな感じがします。

ちなみに、配信曲の方では他サービスにもありますが洋画のサウンドトラックあたりが耳馴染みがあって良い感じ。パシリム、マトリックス、トランスフォーマーなど聞き応えのあるサントラ目白押し。

また、国内楽曲ではアルバムUNCHILDが超楽しい。耳が幸せ!


1 2 3