hiradumi 一覧

PS4が安く見えてきた、だがしかし

たぶん、遊ぶ時間取れないね。

仕事を目一杯やりたいからさ。


やってわかった。NETFLIXの真骨頂は全話マラソン。

NETFLIXの生活(可処分時間)への浸透力高さは非常に高い。
映画はまだマシなのだが、先の気になるアニメやドラマを見始めたら、全部見切るまでの長いマラソンになってしまう。というか、マラソン化させる事が狙いである事は明々白々。
今見てる回から次の話数への切れ目なさは素晴らしい。円盤を取り出してケースに収め、次のをセットするだとか、そんな手間がない。

テープ巻き戻し時間のあいだに正座してデッキの前で待つ必要もない。

そもそも、借りるための返却のための外出不要。

見放題サービスだから一本ごとの購入手順もいらん。CMも無ければ、ローディングのグルグルもあんまりない。

そんなこんなで、些事に囚われずドップリ没入するならばNETFLIXなのだ。


中古CPU買ったらピン曲がり、に思う

Amazonさんで中古CPUを購入したところ複数のピンが曲がった状態で届きました。
案の定、ノートPCのソケットにはどうにも挿すことができず、返品手続きとならざるを得ない状況に。

推測でしかないが、おそらく出荷時には動く状態だったのだと思われる。
問題はペラッペラの梱包。CPUのピンが薄いスポンジに刺してあるのは許せるとして、それが静電気防止袋に入ってるだけの状態でフツーの紙封筒に入ってた。
これではほかの荷物に挟まれたりすると荷重がピンまでいってしまうわ~。

私、中古のPCパーツは過去に何度も購入してて、こういう買い物は割と慣れてはいる。
ほかの販売店だと中古だからこそ輸送事故起きないように緩衝材一体型袋とかプチプチシートぐるぐる巻きとか配慮されてるのも見てきてるのだわ。
以前に内蔵Bluetoothユニット購入して初期不良だったときは、梱包がしっかりしていたのでお店の落ち度なんて特に感じなかったし怒りもしませんでした。

今回のCPUは実際の原因は不明なものの、お店の過失は明白。
出荷前にピンが曲がっていたなら店のチェックミスだし、輸送中に破損したとしたら梱包ミスだよ。
これは、もう怒る。
怒りのあまり、CPUの購入を取りやめるという選択肢は当面考えないことにしてPCはバラしたままにしとく。

代わりに、代替機としてしばらくはAndoridのYoga Tablet2がバリバリ活躍することになるのだが、ブログの更新ぐらいなら快適にこなせてしまうので、メイン機が当面使えなくても支障は無さそうだ。

問題は、Photoshopが使えないぐらいかな。


それはそれはドラマティックな出来事

競合会社の新製品発表会の記事を読んでたら、うちの会社から転職した方が登壇してた。

そんなの業界ではよくある事ではあるのだが、まさかのビックリ展開。

ななんと発表内容の各パートを説明したプレゼンターが3パート続けて、合計3名うちの元社員だった事。

もちろん記事には前職について記載されてるわけもないので、一般読者は知る由もない。

いろんな意図が作用してることは想像に難くない。というか、こんな宣戦布告はもはやマンガストーリーの域ですらある。

もしマンガだとしたら実は手の込んだ二重スパイで転職組は汚れ役を被ったヒーローでした、ってところまでやってもらわねば伏線回収難しいゾ。


プロフェッショナル 仕事の流儀 10周年企画 岡村隆史の旅 を観たよ!

ヤフーに番宣記事が出てたので、気にはなってたこの企画。

とても面白かった。

最近はネガティブなニュアンスで使われることが多くなった「自分探し」ですが、今回の企画は前線で頑張ってる人がさらに一歩前進するための「もがき方探し」の旅としてみると、共感・示唆、その他諸々があった。

目先3日にベストを尽くし、それを10年、20年と続けていき、そのままベストに死ねれば言うことないね。


キッズ向け楽曲の戦力強化に励む

週末はガンガンとリッピングしまくりDayしてました。

4歳時と長めのドライブする際にはキッズ向けコンテンツの物量が、子供のご機嫌を維持するための切り札となるからね。

「おかあさんといっしょ」「おとうさんといっしょ」「みいつけた」「えいごであそぼ」の鉄壁布陣。これに既存戦力の「0655-2355」「妖怪ウォッチ」を加えて鬼に金棒。


特撮魂は時空を超えた!NHK FM「今日は一日特撮ソング三昧」

時空を超える、という経験はあまりしない。

往年の名作小説では「果てしなき流れの果てに」、アニメでは「トップをねらえ!」、映画では「インターステラー」が時空越えをテーマに壮大なストーリーを展開する代表格でしょうか。

さて、先日NHK FMで10時間に渡って放送された「特撮ソング三昧」は自分にとってまさに時空を超える体験であったので、書き残しておきたい。

最近かなりアクセス頻度が激減したツイッターに、何の気なしにたまたまインした。最近SNSをやる気なくなっていたので、全くの気まぐれだ。

その時たまたま「#特撮三昧」のハッシュタグがタイムラインにドンブラコと流れてきたのを目にして、即座にインターネットでFMが聴けるらじるらじる聴取態勢を発動するに至った。

ここまででも既に偶然が重なっているのだが、聴き始めて分かったのが、今回の三昧は石巻からの中継ということ。

私が幼年時代に過ごしていた、仮面ライダー、ウルトラマン、戦隊ヒーロー、宇宙刑事シリーズをブラウン管かじり付きでみていた町に特撮界の重鎮方が降臨してるだなんて。これはもう運命の出会いレベルと確信せざるをえない展開。
続きを読む


三連休を越えて

休みの日はファミリーファースト!

家族との時間を大切にするのが自分のルール。

そんな中で、自分の時間を確保するのは意識的に行わないといけない。

特に、ハイパーお元気な4歳児は活性状態に入ると23時過ぎでもコミュニケーションを図ってくるので、それを見越した動きが必要。

残業減らした平日と自分で時間をコントロールしやすい休日、両方をうまく使ってなにがしかの成果を上げるのが当面の目標。

何を為すべきか、常に迷う。


残業減らす、ただし売り上げ右肩上がり継続で

こういう無理な注文嫌いじゃないぜ


Netflix生活にズブズブである

まだ無料の試用期間ですが、すでにNetflixに可処分時間をかなり削られている。

いつか見ようと思ってた旧作映画をポツリポツリ見るぐらいならキズが浅く済むものの、テレビシリーズのドラマやらアニメをマラソンし始めると大変なことになる。

この週末、23分のアニメ25話分を連続で見ることで身をもって体験することになった。

通勤時間、出かけた先の空き時間、夜の自室、時間も場所も選ばないサービスというのはこうも生活の一部として密着するものなのか。

なのか!


1 2 3 4 6